1/ サブスク財務コンシェル

中小企業の「未来を共有する」参謀として、社内の財務部長、事業戦略部長、営業管理部長、人脈部長として
内部管理の効率化をご支援します。
「経営者は孤独だ」とよく言われますが、これは事実だと思います。
従業員たちには経営的な視座を求めるには酷で、社内では経営課題を話し合う相手は居ない、、、。
仲の良い経営者仲間は居るけど、財務の話や経営課題までは共有できない、、、。
かといって、身近な専門家である顧問税理士やメインバンクの担当者も、杓子定規な回答ばかりで本音で話し
てくれない。過去の分析はしてくれるけど、「未来」の話は共感してくれない、、、。
このような孤独にあえぐ経営には、
「未来(ゴール、目標)を共有」しながら、
経営者目線で「伴走支援」し
共に考える参謀が必要なのです。

財務コンシェルのイメージ

「業績は好調だけど内部管理に課題がある」
「資金繰りに忙しくて前向きな事業展開が出来ない」
「社長の感覚だと儲かっているのに、不思議と現金が少ない」
このような思いをお持ちの経営者の方の参謀として伴走支援します。

01

財務部長として出来ること

資金繰りや経理の効率化はもちろんのこと、資金調達の支援、資金計画や事業計画の策定と実施、投資計画の策定や経過管理等を行います。
また、融資などの他に補助金などによる資金調達方法も随時提示していきます。

02

事業戦略部長として出来ること

孤独な経営者の「壁打ち役」として貴社の事業プランを本気で一緒に考えます。
貴社の財務状況や融資限度額などを鑑み、持続可能な事業モデルを当事者レベルで練り上げていきます。

03

営業管理部長として出来ること

営業部の目標設定や行動管理、在庫管理や売掛管理など、営業部全体の効率化を支援します。
貴社全体のキャッシュフローに合わせ、営業を効率化することで本業による資金繰りの改善を目指します。

04

人脈部長として出来ること

中小企業では同業の人脈しかないことも多く、普段交流のない専門家などにコネクションを持っていない場合があります。
貴社の事業を進めるうえで必要なリソースを弊社の人脈の中からご紹介します。
弊社には各分野にわたり連携可能な専門家が常に200者以上あり、これらの信用できる人脈の中から貴社に最適な専門家をアサインします。

このような機能と能力を持った「部長職」を転職市場から獲得しようとすると、
・50万円以上の高い給料
・給料に応じた社会保険料
・通勤交通費や福利厚生
・時には賞与も、、
・採用にかかる広告費や転職サービスへの報酬
など年間1,000万円は固定費を覚悟しなくてはなりません。
しかも、雇用契約ですのでなかなかクビにも出来ません。

でも、いくら中小企業といえども今以上の成長のためには部長職は必要ですよね?
このようなニーズに対し、多機能な参謀を最低限の価格で雇いませんか?というサービスです。

雇用との対比表

部長を雇用 サブスク財務コンシェル
採用コスト 求人広告費+転職サービスへの成功報酬 無料相談からご検討頂けます。
勤務ペース 週5日勤務 月1回90分の打ち合わせ
(回数を増やすプランもあります)
+
LINEやメッセンジャーなどで問い合わせ無制限
給与・報酬 最低でも50万円の給与

2ヶ月分程度の賞与
月額11万円~
契約解除 雇用契約のため、
会社都合での解除は難しい)
一カ月前の申し出で、自由に解約可能
社会保険料 雇用を継続するためには必要 不要
通勤交通費や
福利厚生
有り
(給与水準と連動するので高額)
無し
(法人間の業務委託契約)

2/ 資金調達のご相談

弊社では金融機関からの融資を主軸に据え、中小企業の資金調達の支援をしています。
また、金融機関からの融資だけでは厳しい企業様には投資(出資)やノンバンクからの資金調達も視野に、持続可能な資金計画をご提案しています。
加えて、補助金や助成金などの「貰えるお金」を上手く利用し、
効率的に中期的な資金計画に組み込むこともご提案しています。

弊社の特徴としては、資金調達のみを目的とした
いわゆる「資金調達コンサル」ではないことです。
これらの人たちは調達額を最大化させることで、
自身の報酬を最大化させることも少なくありません。
ときには虚偽の書類による申し込みを促したり
二重調達を勧めるなど、貴社の金融機関からの
信用を損なうような提案をすることも。
弊社では貴社の事業モデルが健康的に持続でき、かつ金融機関との良好な関係性を持続することを前提とした資金調達を目指します。
貴社が誠実に発展していくための「いい借金」「いい資金調達」をご提案いたします。

資金調達のフロー

無料相談

まずは60分の無料相談から事業内容・必要金額・資金使途などの基本情報をヒアリングします。
主に融資での資金調達を主軸に、審査におけるポイントなどに基づき、審査通過の可能性を模索
します。

財務診断
無料相談の範囲内で、簡易な財務診断を行います。
融資審査において不利な点はないか、返済可能額はいくらか、結果として調達可能額はいくらか
などを決算書(+試算表など)を用いて診断します。
調達方法の選定
財務診断を経て、実現可能な資金調達方法を模索・選定します。
金利などのコストやリスクの低い調達方法から優先してご提示していきますが、状況によっては
コストの高い調達方法も視野に入れていきます。
その場合は、リスクやコストについてかなり真剣に検討していきます。
補助金や助成金など
の利用を検討
補助金や助成金などは、足の遅い資金調達に分類されます。
目先の資金調達にメドが立ちそうであれば、補助金や助成金なども視野に資金計画を練り上げて
いくことになります。
契約
弊社との間で業務委託契約を締結し、正式着手となります。
ここから事業計画や資金計画などの書類作成、申込金融機関の選定とアプローチを開始します。
事業計画(資金計画)
の策定
貴社で「やりたいこと」、そのために「必要な資金」を金融機関に伝わりやすいように計画書に
落とし込みます。
単に借りるための事業計画ではなく、貴社のゴールを達成するための事業計画を策定します。
主に①何に使うのか②いくら必要なのか③ちゃんと返済できるのか、を重点的に作成します。
金融機関などに
よる審査
審査期間中にも追加提出書類の依頼や、決算書や事業計画に対する質問なども飛んできますの
で、こちらの対応もご支援します。
また団信など金融機関側から説明のない事項もありますので、こちらも弊社でフォローします。
審査の通過
審査を通過しても、銀行口座に入金されるまでは油断できません。
場合によっては、融資後も追加提出書類が必要な場合もあります。
最後の最後まで、弊社でフォローしていきます。

3/ 決算書診断
(セカンドオピニオン)

資金調達のコンサルティングの前に自社の現在の状態を知りたいというニーズにお応えします。
通常、決算書は顧問税理士と作成していることが多いと思いますが、税理士はあくまで「税務の専門家」です。
税務署対策や節税を主眼としたコンサルティングは対応していますが、資金繰りや融資対策などは本来専門外と
なります。
そのため、銀行目線での決算書診断をセカンドオピニオンとして受けてみませんか?
多くの中小企業は、事業拡大をすべて自己資金では行わず、借入などを利用することになります。
それなのに、審査書類である決算書は「税務対応」しかできていないのは、いかにもアンバランスで不十分で
す。
貴社の事業を拡大するために、金融機関に説明できる決算書を作成しましょう。

4/ 起業のご相談

これから起業を目指す方、もしくは起業間もない方のご相談を受けています。
現在起業家を取り巻く情報は非常に多く、ネットや雑誌などでいくらでも拾うことはできます。
しかし、それらの溢れる情報が貴社(あなた)自身に該当するかの判断が難しいことも多いと思います。

起業するとしても個人事業主でやるのか、法人(株式会社?合同会社?一般社団法人?)でやるのか

銀行口座はどこで開設すればいいか

オフィス契約は必要か

役員報酬はいくらに設定したらいいか

税理士など士業との顧問契約はどうしたらいいか

自身は借入が可能なのか

このような細かくも正解のない疑問が次々と浮かんできますよね。
起業に関する総合的な相談窓口として、お気軽にご相談ください。

5/ ミニマム法人向けキャッシュフロー
最適化コンサル

一人社長会社やご家族だけしか関与しない会社を、弊社では「ミニマム法人」と表現しています。

一人社長会社
(本当に社長一人のみのコンサル会社、社長の副業会社など)
みなし一人社長会社
(従業員のような人は居るが、全て業務委託で運営)
不動産管理会社
(賃貸不動産の管理のみを目的とした会社)
ホールディングス会社
(関連会社の株式を保有し、本部費などを吸い上げている会社)
一人社長会社
(本当に社長一人のみのコンサル会社、社長の副業会社など)
みなし一人社長会社
(従業員のような人は居るが、全て業務委託で運営)
不動産管理会社
(賃貸不動産の管理のみを目的とした会社)
ホールディングス会社
(関連会社の株式を保有し、本部費などを吸い上げている会社)

上記のように、第三者の従業員がいない会社に対しては、細かい節税策を実施することができます。

第三者が会社に関与していないことで、社長の自由度が非常に高く、コツコツと永続的な節税策を講じることで、法人版のライフプラン(個人ならFPのような)を作成します。
社長世帯のライフイベントに合わせた、キャッシュフロープランを作成し、法人・個人ともに余計なコストを削減し、効率的に現金が残るようプランニングします。

具体的には、役員報酬の見直し、社会保険料の削減、出張旅費規程などの諸規定の導入、保険の見直し、退職金の対策、車両などの法人名義変更、自宅の賃貸契約の変更など、今の生活を変えずに無理なく変更できる対策を中心にご提案します。

繰り延べ型の大型節税策ではなく、持続可能な最適化を目指します。

6/ソリューションマッチング

多くの中小企業は同業の人脈しか持っておらず、普段触れ合わないような
専門領域とはコネクションを持っていないケースが多くあります。
しかし、今の時代は中小企業であっても自社の業務領域だけやっていれば安泰という時代ではなくなりました。
中小企業であっても、マーケティングやブランディング、DX化、効率化、
ハラスメント対策、商標の取得などが必要になります。
そんな時に「誰に頼めばいいの?」「ネットで探すのは不安」となってしまい、
後回しにしてしまう傾向にあります。弊社では信頼のおける連携先が常時200社以上あります。

仕事はあるのに人材が足りない

HPを刷新したいけど何したらいいかわからない

集客が上手くできない

SNSを活用したいけどわからない

外国人を雇用したいけど何から手を付ければいいのか

事業拡大や新事業で許認可を取得したい

内部の業務を効率化したい

補助金や助成金を活用したい

通販を始めたいけどどうしたらいいのか

このようなお悩みは一人で悩んでいても解決しません。
まずは、弊社にお声がけください。

7/各士業・専門家との協業・タイアップ

7/各士業・専門家との協業
タイアップ

弊社では各専門家との協業を積極的に受け付けています。
各分野で中小企業を支援されている方々、一緒に中小企業を盛り上げましょう!
創業支援、販路拡大支援、組織構築コンサル、理念経営コンサル、各士業などとの協業事例は多くあります。

例えば、
税理士さんとは、決算申告前にセカンドオピニオンとして弊社のチェックを入れることで顧問先への付加価値を
提供。
追加料金を設定しても、顧問継続に寄与できると考えています。

このように、弊社のサービスやリソースを、貴社の商品としてラインナップすることで相乗効果を発揮、クライ
アントへの付加価値提供を可能にします。

料金体系

サブスク財務コンシェル

基本プランは月額110,000円(税額)~
内訳:
基本料金 55,000円 (LINE、メッセンジャー、Chatworkで相談し放題)
定例MTG 55,000円(月に一回90分程度のMTG)

但し、スタートアップや業況不振先などは一定の割引も検討可能です。


追加料金:
オンラインMTG90分 一回当たり 33,000円
オフラインMTG90分 一回当たり 55,000円
社内資料などの作成 一回当たり 110,000円~

資金調達コンサルティング

着手金:55,000円
成功報酬:調達金額の5.5% (但し、着手金相当額を控除します)

※調達金額が3,000万円を超えた部分についてはレーマン方式を採用し、料率を引き下げてのご請求となります。
※出資での調達の場合は、難易度に応じて成功報酬が5%を超えることがあります。
※サブスク財務コンシェルをご利用のお客様は一定の割引を検討可能です。

決算書診断

基本料金:110,000円

資金調達コンサルティングをご依頼いただいた場合は、決算書診断は含まれますので無料となります。

ミニマム法人向けキャッシュフロー最適化コンサル

基本料金:165,000円

※サブスク財務コンシェル及び資金調達コンサルティングをご利用のお客様は一定の割引も検討可能です。

ソリューションマッチング

お客様の個別のご負担は一切ございません。

経営よろず相談

基本料金:30分ごとに10,000円

※ご紹介者様が居る場合は90分までは無料となります。
※各種サービス利用に関するお問い合わせやご相談はもちろん無料です。

起業に関する相談

基本料金:30分ごとに10,000円

※ご紹介者様が居る場合は90分までは無料となります。
※各種サービス利用に関するお問い合わせやご相談はもちろん無料です。